BLOG

立山自然保護センターブログ

20190422晴れ

今日は快晴とまではいきませんが晴れてます。昇温により室堂平の散策は踏み固められた所を外して歩くと膝ぐらいまで雪に潜ってしまうのでスノーシューやカンジキなどが必要です。
雷鳥は自前のフサフサの毛に覆われた足で余裕のお散歩中でした!
本来の縄張りから二つ隣まで出張です。
メスも上がってきて縄張り争いが少しずつ始まってますが、まだまだ境界線は曖昧となってます。
立山の山肌は黄砂が浮いて茶色です。黄砂の斜面に冬羽雷鳥は目立ちます。。。週末の降雪でまた純白のお化粧となることに期待です。

雷鳥が室堂平に戻り始めてます

今日は暑いぐらいの陽気です。
雷鳥が少しずつ室堂に戻ってきました。血の池周辺は昨年同様の縄張りオスが健在のようです。
ハイマツの露出も増えてきたのでそろそろメスも上がってくるかな?

 

写真 ポカポカ太陽を浴びて気持ち良さそうな冬羽オス雷鳥です。

4月15日立山黒部アルペンルート全線開通

朝から雨。雨ブログです。
明日は新元号の発表・・・昭和もますます遠くなります。
「平静」ではいられません。
平静のしめくくりは20190320~20190323撮影の剱岳とライチョウ君から。


剱岳はちょともよもやがある方が仙人好み。

ライチョウ君 

ライチョウ君から・・・皆様のお越しを首を長くしてお待ちしています。・・・
ハイマツ仙人から・・・4月からライフワークです?。これまでblogを見ていただいて
ありがとうございました。
時どき「blogを見た」といっていただいて本当に感激でした。♡♡♡
*******************************************************
旧立山自然保護センターのHPのblogは tateyama3003.blog.fc2.com

仙人専用は  itiyonn.blog.fc2.comです。再開予定です。
*******************************************************  

動画です。
  ↓↓↓

20190315富山生まれ富山育ちのライチョウ君デビュー🐤🐥

今朝の富山市内は☀。スギ花粉強。
今日は富山市ファミリーパークでライチョウ君の公開デビュー日。
両親は乗鞍岳、富山生まれの富山育ち(2017年)の♂2羽です。
公開マイホームはピカピカ新築の平屋建て2室です。


平日ですが、さっそくの見学者です。

ナチュラリストの方もチラホラです。
撮影は可能ですが、フラッシュは🚫です。

壁紙は2種類です。衛生のため、床はコンクリート製。暑がりのため、冷房完備。
照明は乗鞍時間にあわせているとのことでした。



スバールバルライチョウ君も元気でした。


貴重なツイマヤマネコ君は、朝寝でした。


レッサーパンダも園内でみれます。

♂♀のライチョウ君。富山市のガラス作家の新作品です。
ライチョウ君の公開は大町山岳博物館以来15年ぶりの展示です。
室堂で時々、ライチョウ君はどこに展示してありますか?などど聞かれます。( ;∀;)
室堂では展示予定はありません。ガラス作品にしても、それぞれの、役割分担があります。(^^♪
byハイマツ仙人

20190203 ライチョウ基金シンポジウムがあります。🐥

今朝の富山市内は小⛄。風🍐。
県内でも昨日で2日間のセンター試験が終了。
新聞に問題がありますが、むつかしい図やら表がいっぱい。
点取り虫にならないと受験生の方は大変です。

ライチョウ基金シンポジウム2019「ライチョウの未来と動物園の役割」の案内です。
富山市ファミリ―パーク公社の主催です。
ライチョウ君は冬期休暇のため参加できませんが、専門家の方の貴🐥な講演が
あります。
 期日:2019年2月3日(日) 13:30~16:00
 場所:富山県総合福祉会館サンシップとやま・福祉ホール(1階)
    富山県富山市安住町5-21 電話:076-432-6141
 参加料:無料、定員300名
 内容:第1部 基調講演

    1.富山のライチョウを守るために 

      松田 勉(富山雷鳥研究会 事務局長)
    2.ライチョウの野生復帰に向けて

      牛田一成(中部大学創発学術院 教授)
    第2部 報告

    1.生息地での保全の取り組

      福田 真(環境省信越自然環境事務所)
    2.動物園での保全の取り組み 

      秋葉由紀(日本動物園水族館協会 ライチョウ計画管理者)
    第3部 総合討論

    「ライチョウの未来と動物園の役割」

      コーディネーター 山本茂行(富山市ファミリーパーク名誉園長)

      討論者 松田 勉

          牛田一成

          松田 真

          秋葉由紀

          石原祐司(富山市ファミリーパーク園長)

 お申込み方法

 1.FAXでのお申込み

   下記のチラシ裏面に必要事項をご記載の上、富山市ファミリーパーク

  (FAX:076-434-1208)までお送り下さい。

   チラシ(裏面)のダウンロードはこちらから

 
 2.メールでのお申込み  

   下記アドレスに氏名・電話番号を記入して送信してください。

   raichousympo@toyama-familypark.jp(シンポジウム受付専用)

 3.電話でのお申込み

   富山市ファミリーパーク(Tel:076-434-1234)まで

昨年の親子の様子です。   

インフルエンザに負けないで、今年も元気なライチョウ君がみれるといいのですが。
ちなみに、ライチョウ君はセンター試験は免除です。(^^♪
byハイマツ仙人