BLOG

立山自然保護センターブログ

2021年度の立山自然保護センターがスタートしました。

本日、4月15日に、立山黒部アルペンルート全線開通に合わせて、立山自然保護センターが

開館しました。

 

今年は数年にない、少ない積雪でのスタートです。

下の写真は、昨年の同時期の似た場所で撮影したものです。

 

例年なら雪に隠れているハイマツが多く見られます。

 

雪の大谷は、50年前の再現という事、車線が狭くなっています。

 

駐車場も綺麗になっています。

 

歩く雪の回廊も迫力満点です。

 

今後も情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

 

立山ももう少しで閉山です。

立山自然保護センターも、11月15日にクローズして立山黒部アルペンルートの運行も

残り一週間を切りました。

室堂平では、冬が厳しくなってきました。

天気が良くても山頂では、風が強い事が多いです。

 

生き物達も食べ物を求めて頻繁動いているようです。

ライチョウとノウサギの足跡です。

ライチョウも活発です。

 

みくりが池には不思議現象が現れました。

御神渡りとまではいきませんが、このようなスジが出来るのは珍しいことだそうです。

 

夕方には、弥陀ヶ原付近には雲海が出ていました。

桑崎山の後ろが白山です。

立山も、もうすぐ静かな時期を迎える事でしょう。

 

 

一昨日は吹雪でした。

11月4日は猛吹雪でしたが、一夜明けた昨日は快晴となりました。

 

雪の付いている面に、風が当たりました。風の動きが解ります。

 

宮城県の蔵王や青森の八甲田山等では、大きな雪のモンスターができますが、室堂平では

小さなモンスター達です。

下の写真は、個人的に雪がカメレオンに見えるのですが・・・

 

気象台観測情報によると積雪が平均約40cmという事でスキーなどをされる方も見られはじめました。

人が歩いた後が、ノウサギの足跡の様に残っていました。

 

みくりが池は、まだ氷が見られませんでした。

 

天気が良かったので、夕やけも綺麗でした。

立山自然保護センターも閉館が近くなりました。

最後の日までご来館をお待ちしております。

 

 

積もりました。

24日より、本格的な雪となり多いところでは約30cmの積雪となりました。

雄山山頂の社務所も氷ついています。

 

ターミナル周辺

当センターも閉館まで、あと1ヶ月を切りました。これから厳しい冬が訪れることでしょう。

 

 

初冠雪となりました。

10月17日は未明より初雪となり、同日に初冠雪が観測されました。昨年よりも5日早いそうです。

雄山山頂

自然保護センター前

 

紅葉も足早に下りてきてます。ブナ平付近

 

称名滝の紅葉はまだ半分といった感じです。

 

アルペンルートからカルデラ、有峰湖まで紅葉が続いていくことでしょう。