BLOG

立山自然保護センターブログ

2021.06.05高山植物開花

昨日の荒れた天気から一転、今日は晴れて気持ちのいい気候です。
室堂平中心部の積雪はついに5Mをきり4m70cmとなりました。
風衝地では植生が出ていて短い夏に命を燃やす高山植物が次々と芽吹いてます。
ライチョウ以外の高山鳥達もいつものメンバーが出揃って繁殖活動真っ盛り!
雪景色の立山はもちろん魅力的ですが、これからは残雪と高山植物や野鳥を楽しめるいい季節です。
下界のストレスや暑さを癒しに是非立山へ起こしください。

だいぶ減りましたがまだ4m70cmもの積雪です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

室堂周辺で一番最初に開花するガンコウラン 。立山のライチョウにとって主食となる大切な植物です。

ハクサンイチゲもあちこちで芽吹いてます。

元気に囀るカヤクグリ。その他にもメボソムシクイ、ウグイス、キセキレイ、イワヒバリなどが室堂周辺で営巣し繁殖活動をします。

今日の弥陀ヶ原

6月に入って、弥陀ヶ原の様子を見てきました。

まだ、雪の湿原が広がります。

 

木々も雪で横になっていますが、夏にはたくましく起き上がってくれる事でしょう。

 

桑崎山も雪解けが進んでいます。

 

カルデラ展望台に向かう森林帯

木の根元の穴にハマると、なかなか抜け出せないので注意が必要です。

 

カルデラ展望台です。

カルデラ展望台に行くのは、案内板等が無く迷いやすいので充分な注意が必要です。ナチュラリストなど慣れた人と行くのが良いでしょう。

 

ウグイスやホトトギス、ツツドリなどが鳴いていました。

 

 

雪がある間だけ、自由に湿原を歩ける弥陀ヶ原を楽しむのもオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

みくりが池の雪解け

ここ数日の雨などにより、みくりが池周遊の歩道も半分近く雪が解けて歩き易くなりました。

 

 

みくりが池も水面が、見えるようになってきています。

 

みくりが池温泉へ向かう歩道

 

血の池付近

 

みどりが池から室堂山荘付近は、まだ残雪が多いので足元はしっかりしておいた方が良いでしょう。

 

雪解けが進み危険な場所もあるので、注意も必要です。

 

雪が解けた地面では命が芽吹き始めています。

 

 

おまけ

昨日はスーパームーンと皆既月食でしたが、残念ながら室堂平では皆既月食はみれませんでしたが

薄曇りから満月は見ることができました。

5月24日室堂平の残雪

8日間連続の雨からやっと晴れました。
雨で保護センター周辺にたくさん積もっていた雪が消えてしまうほど融雪が進みました。(1週間で1.5Mほど減りました)
雪を求める滑り手には悲しいことですがライチョウにとっては隠れる場所や餌場が増えて喜んでることと思います。
岩上に立って見張りをする雄ライチョウも増えてきたので今後はみくりが池周辺を散策すればライチョウに会える確率がかなり高い時期です。
コロナ禍でなかなか自由に移動や観光がしにくい情勢ですが立山の広大なフィールドで大自然を味わいリフレッシュすることで免疫力をあげていくこともいいのではと個人的には思います。

室堂平周辺の残雪状況です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

室堂平やみくりが池周辺の遊歩道は半分ぐらいは石畳が出てきてます。
室堂山荘から一の越への道はまだまだ残雪たっぷりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

玉殿の湧水ももう少しで汲めるようになりそうです。(水汲み場が出てきても水が凍っているうちは汲めません)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

保護センター近くの雪の回廊です.だいぶ融けてきましたがそれでも最高地点で7Mほどあります!

本日の室堂平

昨日は雪で、今朝までに5cmほどの積雪となりました。5月12日は、快晴となりましたので

室堂平の本日を紹介します。

大日平方面、地形の影響で雪が積もらないので、降雪前の茶色い雪が見えます。

雄山方向は、白く染まりました。

 

天気が良いので、人の足跡が多くあります。

 

雪の大谷が、だいたい13mと少し雪がとけ、室堂平周辺ではハイマツが目立つようになりました。

 

4月には、屋根まで雪に埋まっていた 室堂小屋 も見えてきました。

 

これから、どんな変化があるか楽しみなところです。