BLOG

立山自然保護センターブログ

20181015 エッチュウミセバヤ

今朝の室堂は小雪。
2度目の雪です。
天候がよければ初冠雪も期待できそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20181015の記録から。
マスコミで富山県庁の屋上でエッチュウミセバヤが見れるとの報道。
一度はみてみたいエチュウミセバヤ。
「とやま植物物語 鳴橋直弘編著 中田政司  株式会社シー・エー・ピー」
によれば、富山県だけに生育する植物というのは数種類。なかでも富山県を代表する
ものがこのエッチュウミセバヤであろう。と記載されています。
ミセバヤは見せばや。和名は「見せたい」「誰に見せようか」との意味らしいです。
ミセバヤの変種がエッチュウミセバヤ。立山とは離れた自生地ですが、
今日のミセバヤです。(^^♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

県庁の屋上には立派な昭和天皇の石碑がありました。
昭和は遠くなって平成ももうしばらくです。なごりおしい。
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20180930 と1002 半分、青い ではなく全部青い

今朝の7時の室堂の気温は0度。
霧、小雨
室堂で初雪でした。
昨年は10月6日でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ライチョウ君は岩の前でしばらくお休みです。

秋物在庫一掃セールのため
20180930の記録からです。
室堂で見られるイワヒバリではありません。ちょっと似ています。
富山湾の砂浜のイソヒヨドリです。
図鑑で見ると、1W(第1回冬羽:生まれた年の秋の換羽による羽衣)
♂のようです。

ハマナスの実が🍐ではなく天敵のトマトのように見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


砂浜で、いまごろ葉が全部青い。???
名前がなかなか見つかりません。
「日本の浜辺を歩く 村上司郎 発行インツール・システム」にハマヒルガオの記載が
ありました。
・ハマヒルガオは「君の名は」のドラマの主題歌に「君の名をたずねてハマヒルガオに
聞いてみる」という歌詞がある。
・種子はアサガオに似た種子で表面に細毛がびっしり着いて、水に浮き、海流などで運ばれて
各地の海岸で発芽繁殖。
・冬が近づくと黄色から褐色に変わる。南日本では緑のまま冬を越す葉も見られる。
・花にはよくハナバチ類が首を突っ込んで吸蜜する。
・富山県の海岸で赤の濃い花の群生。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

富山湾の海岸の植物もなかなか多様です。
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20180913 室堂 ハジロカイツブリ タテヤマアザミ ライチョウ♂♀ 薄利多売です。

今朝の室堂は霧。風無。
こんな日はライチョウ特割日です。
ミドリガ池のハジロカイツブリは残留で元気でした。
昨日は羽ばたきの練習をしていたので、転勤かとおもったのですが。(^^♪

タテヤマアザミの花の水滴が渋かったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


しばらくぶりのライチョウ特割日でしたので
♂♀一緒にみれました。霧のなかで、くっきりすっきりとはいきませんが。”(-“”-)”
この時期は♂♀の区別がつきにくい季節ですが、ドライクリーニング前でしょうか。??
3連休にそなえていそがしそうでした。
byハイマツ仙人

室堂は秋へと移ろい始めてます


グリーンシーズンは終盤を迎えいよいよ室堂は秋の様相です。
夏の酷暑と水不足が紅葉にどう影響するのか今後の色づきを観察してみたいと思いますが、イワイチョウの葉は例年より枯れてるものが多い印象です。
短い夏に花を咲かせた高山植物はタネをつけ次世代へと命を繋いでいます。室堂平で比較的目に付き、まだ見頃と言えるのは写真のオヤマリンドウとミヤマアキノキリンソウです。もちろん他にも花を咲かせているものもありますが花の季節はあと少し。
しかし花だけが植物観察ではありません。
タネをどのようにつけてどのように散布するのか?草紅葉の色づき方、どんな実がなっているのか等々、花が咲いてないからこそ改めてじっくり植物観察すると色々な発見があって面白いです!
写真のオヤマリンドウもよく見ると色々想像が膨らみます。
オヤマリンドウは通常茎頂にしか花がつかないのですがこの株は二段目にも花が付いてます。
もしかしたらエゾリンドウとの交雑かも???
晴れて気温が上がらないと花が開かないのは何故?
開いてもほんの少ししか開かないけど花粉は誰にどうやって運んでもらうんだろう?
などなど植物は花を見て綺麗だなで終わらせずにじっくり形態やポリネーターを観察するとより楽しいと思います。
植物は名前を覚えることに一生懸命になるよりも、じっくり観察することの方が大切です。

先日見かけたオコジョも秋換毛が始まってました。
ライチョウのオスは秋羽が目立ち始め、早生まれの幼鳥はお母さんより一回り小さいぐらいになってます。再営巣で生まれた子はまだヒナの段階で小さいので雪が降りだす前にしっかり成長できるか心配です。

夏山シーズンの混雑も落ち着き秋の紅葉シーズンになる前のいまが静かな山をゆっくり楽しむチャンスです。
立山へお越しの際は是非保護センターにお立ち寄りください。

20180817 室堂 オヤマリンドウ

今朝の室堂は曇りから晴。
朝7時の気温は5.8度。随分寒くかんじられました。
秋色の気配。秋はリンドウの季節。
オヤマリンドウが増えてきたような気がします。
図鑑では花は奇数個。上から見て左巻き。
平開しないとあります。どうやって種子をつくるのか
不思議です。???

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミクリガ池も秋色です。(^^♪
byハイマツ仙人