BLOG

立山自然保護センターブログ

20180521 火打山 2462m 登山 

昨日の火打山の登山記録からです。
火打山は百名山、花の百名山ですが、登山は火打山周辺のライチョウ君の撮影が目的です。
室堂と同じくらいの標高ですが、アルペンルートはありません。
日帰りでは、日頃の自主トレの成果が試されます。
登山から2kmほどはブナの原生林のような雰囲気です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


途中から北アルプスが一望できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


オオシラビソが1800から2050mくらいまでびっしり生えています。
雪も固く、足跡がはっきりしないところも。霧がかかると迷ってしまいます。
野鳥のキクイタダキが見れたのですが、動きが早くゲットできません。
初ゲットをのがしてしまいました。イタダキませんでした。鳥残念。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


2050mを超えると火打山、焼山が見えだします。
写真だとなだらかですが、頂上直下は、雪が固くアイゼン登山の世界。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


火打山頂上からの眺めです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


焼山北面はなだらかですが、活火山で煙もでていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


花は1800mくらいの尾根にシラネアオイです。
弥陀ヶ原では、しばらく先です。火打でみられてよかったです。
玄海灘と足が剱に近い遠征登山でしたが、無事に帰還です。(^^♪(^^♪(^^♪
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20180514山岳警備隊


昨日は土砂降りでしたが今日の室堂は快晴です。
空気も澄んでいて景色もくっきりしています。
写真は室堂山で行われていた富山県山岳警備隊の搬送訓練の様子です。
普通に登るだけでも大変な急斜面を大きな掛け声で力を合わせて運んでました。
こうした厳しい訓練を日々重ねていざって時に備えて下さってます。日本トップの警備隊がここ室堂に常駐していることはとても心強いですが、各自がしっかりと登山計画を立てて自分の力量に合わせた無理ない登山をし、事故なく下山して警備隊の世話にならないように気をつけましょう。

20171101 登山 室堂山 展望台

今朝の室堂は快晴。小風。
思ったほど冷え込みはない。
室堂山展望台まで。5時出発予定が手間取り5:15分発。
かんじきかアイゼンか両方持参か迷ったが、昨夕の感じから
アイゼンに。
展望台までの途中、だんだん明るくなって光がちょっといい感じ。
朝トレの範疇で登山とまではいきませんが、雪と氷の世界で、おまけに
登山の範疇にしました。
アイスバーンは少なく万能長靴とかんじきで十分でした。
仙人も筆をあやまりました。”(-“”-)”
休み休みなんとか間に合いましたが、激写とまでは。。。
ライチョウ君は、お休みでした。
開山1,300年の白山方面と、大日岳ごしの富山湾がよかったです。
(・・・ということにしておきます。!(^^)!)
byハイマツ仙人

20170805 登山 五色ヶ原 その2

五色ヶ原の後編です。
ザラ峠(2,348m)天正12年(1,584年)の冬。
佐々成政が佐良佐良越えをしたとされる峠とされているのですが、
大変険しいです。



おばちゃん連中が軽々と縦走されていました。

五色ヶ原山荘が見えるまで結構きつかったです。

チングルマ、ハクサンイチゲなどが一面に咲いてよかったです。(^^♪byハイマツ仙人

20170805 登山 五色ヶ原その1

今朝の室堂は台風一過でしたが霧の中でした。
晴激写雨ブログ霧整理。
五色ヶ原登山の途中の雲が面白くアップしました。
天空の城みたいな雲でした。


鬼岳(2,750m)東面の雪渓が急で要注意です。滑落事故も起きています。
十数名の中高一貫校の通過と遭遇しましたが、あまりにも時間がかかり
思わず注意してしまいました。引率者の力量を疑ってしまいます。


獅子岳(2,714m)の上下道はバテバテでした。