BLOG

立山自然保護センターブログ

20180617の記録から 乗鞍岳登山 蔵出し版 その2 (^^♪

今朝の富山市内は☀。風🍐。
好評!!乗鞍岳その2です。”(-“”-)”。
6月半ばの乗鞍岳頂上付近は残雪もあり滑り止めがあったほうが
いい鴨しれません。

頂上の乗鞍本宮神社です。(と思っていたのですが裏手みたいです。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


乗鞍岳頂上の剣ケ峰です。初登頂🏁です。
3,026mは立山より高いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


白山(白山は頂上より途中からのほうがよかったです)

御嶽山はみる場所により随分雰囲気が違います。(御岳山は別の山になります)

北側方面

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


前穂高岳から槍ガ岳方面

遠くに剱岳

南側の山々。土地勘がなくどの山がどれだかさっぱりわかりません。”(-“”-)”

乗鞍岳のライチョウ君と日暈。
うまくライチョウ君がはいりませんでした・・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


二万円じゃなく「二万年の奇跡を生きた鳥ライチョウ 中村浩志 農山漁村文化協会発行」
によれば乗鞍岳は日本のライチョウ分布の真ん中位置する山。
山頂からみわたせる範囲に日本のライチョウが生息するすべての
山岳がふくまれている。とあります。 

乗鞍岳のライチョウ君は遠くでしか見れませんでしたが、
なんとか確認できてちょっと満足。(^^♪(^^♪

乗鞍岳登山の成果として、乗鞍仙人がいたとの情報をゲットです。
ハイマツ仙人とは親戚ではありませんが元気がでました。(^^♪(^^♪(^^♪
byハイマツ仙人

20180617の記録から 乗鞍岳登山 蔵出し版 その1 (^^♪

今朝の富山市内は🌂。風🍐。
年末でなんとなくあわただしい感じ。
年末用にストック品から。
蔵出し版です。(単にハードディスクにしまってあったものです・・・😱)
乗鞍岳のライチョウ君と、近くてもなかなか行けない初乗鞍岳登山
を兼ねての記録です。
車は岐阜県側朴の木平まで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


バス終点の畳平の全景です。
畳平は2,702m、乗鞍岳頂上の剣ケ峰は3,026m。楽勝のつもりでしたが・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ミクリガ池みたいな池があります。

ガイドツアーの看板もありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


灯台ではなく東大宇宙研究所も近くにあります。
富山では伏木の東大が有名ですが・・・😱😱

時期的に花は少な目でしたがイワウメが咲いていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


キバナシャクナゲ。やや遅めの感じがしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


乗鞍岳にもイワヒバリです。
<その2へ>乞うご期待。(^^♪(^^♪
byハイマツ仙人

20181008  池ノ谷右俣 氷河

室堂周辺は⛄化粧。下界にいるとウズウズですが、簡単にはいけません。
そこで「行けぬ谷」から池ノ谷ともいわれた、池ノ谷右俣の氷河企画です。
今年の10月8日に白萩川にそって小窓尾根の1,600mを越えて池ノ谷右俣まで行き
秋の氷河を日帰り撮影しようと、無謀な登山計画で出発。😱

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


渡渉地点であえなく断念。足の長さと、ジャンプ力がありません。
勇気なき撤退です。😱😱

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以下の画像は、当センターの展示でお世話になっている日本山岳写真協会北陸支部の
副会長の安宅繁正氏からお借りしたものです。※無断コピーは禁止です。

やっぱり池ノ谷は気軽に行けない谷でした。😱😱😱
byハイマツ仙人

20181102 室堂山展望台 

今朝の室堂は快☀。風🍐。気温7時で-8.6度。
曇の予想が外れあわてて早朝自主トレ。
室堂山展望台へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大日岳方面もクッキリ。(^^♪
ライチョウ君は声のみでした。

立山カルデラもクッキリでした。(^^♪

槍ヶ岳もクッキリ。(^^♪

ノウサギの足跡。うさぎ跳びではないので、記念に撮影です。
室堂山展望台までの上りは、臨時停車の連続。
下りは北陸新幹線のグランクラス。快適快適でした。(^^♪
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20180920 朝 雷鳥沢キャンプ場~室堂平(室堂山荘側) 山岳景観 紅葉状況

今朝の室堂は曇。風🍐。
秋の3連休を控え雷鳥沢キャンプ場周辺の紅葉・黄葉状況の偵察です。
久しぶりに気合をいれて5時に出発。
ヘッドライトは不要。
閑古鳥は鳴いていませんでしたが雷鳥沢キャンプ場のテントはまばら。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


紅葉、黄葉はピーク手前くらいでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雷鳥沢キャンプ場から一ノ越への登山道を利用して途中から
室堂平へもどる登山道が整備されています。
標識が目印です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一ノ越方面との分岐点にある標識には。⤴は室堂ターミナル0.6km ↖一ノ越1.4km 
↓雷鳥沢野営場2.5kmと表示してあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浄土山を背景に記念のウラジロナナカマドの紅です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

室堂山荘近くの登山道の案内図です。室堂からゆっくりと2時間半くらいでした。
しかし。雷鳥沢という地名の割には、ライチョウ君はお休みでした。
3連休に備えてでしょうか。”(-“”-)”
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA