BLOG

立山自然保護センターブログ

20190217 青い鳥

今朝の富山市内は☔。室堂の雪が熔けないか心配です。
2月も今日まで。
2月17日の記録からです。
富山市の古洞の森。

森への途中にノスリです。
少し遠かったのですが、のすりのすりと旋回していました。

森の入口で、ホオジロのさえずり。発声練習中みたいでした。

鳥果のないまま、うろうろ。
そこへ、幸せを運ぶ青い鳥を探して鳥見隊隊員。
すぐに、ミサゴが飛んできてくれました。

ミサゴは新居の準備かと思ったのですが、コイらしいものを捕まえて🍴の準備。
カラスが横取りにきて、すぐに飛び去りました。

彼女は仕事のため、出勤前の鳥見でした。ちょっと残念そうな後ろ姿。
もう少し青いコートと帽子をかぶれば立派な青い鳥に見えます・・・。

青さが目立ちませんが、ルリビタキです。
彼女自身、幸せを運ぶ青い鳥に思えました。💛💛💛
byハイマツ仙人

20190222  はやぶさ2 リュウグウに到着(^^♪ 

今朝の富山市内は☁~☀。
市内で梅が咲いています。
桜は3月末くらいでしょうか。

2月22日「はやぶさ2」探査機が小惑星リュウグウに到着。
なにかお祝いを・・・。(^^♪
はやぶさの手持ちがなくDHかと考えていたら、県西部で鳥広く商売をしておられる方に、ばったり遭遇。
マスターオブワインの肩書もあるらいいのですが、生態は不明です。
県内のハヤブサの写真をいただきました。(著作権有)

若鳥らしいです。

リュウグウは、新湊きっときっと市場で展示されている、「リュウグウノツカイ」です。
撮影の許可をいただいての撮影です。
マスクっをしてカメラをみせたら「OK」でした。インバウンド反応でしょうか・・・( ;∀;)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


富山湾の神秘のアンコウです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


コウバコガニです。まだ、味わった記憶がありません・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ダイオウイカが何故か小さくみえました。”(-“”-)”
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20190217  アメリカコハクチョウ🐥 北帰行準備

今朝の富山市内は☁。☀も。風🍐。
0217の午後。富山市内の記録からです。
コハクチョウの中に1羽のアメリカコハクチョウです。
しばらく一緒です。
嘴が黄色でなく黒い個体です。1羽でコハクチョウの群れの中で一緒です。
しばらく🍴のあと、小さな群れで、飛行して、近くの大集団に合流しました。
総勢200羽弱。にぎやかでした。
20190215の北陸中日新聞に、「コハクチョウ離れて撮って 石川県の柴山潟
本紙掲載写真マナー違反でした」との記事がありました。
観察館レンジャ-のコメントとして「餌を食べ続けていたら大丈夫。だが首をあげたら近づかないで」とあります。
記事では、「車の中から、短時間、100mほどの距離がおすすめ。」
「首をのばし警戒しているような写真は、撮影マナーを守らない人を助長している」
とあります。
撮影には注意したい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

元気にアメリカまでいって、来年も元気に来てほしいものです。
できれば、日本国籍を取得。それと、コーチでなく、相棒もはやく見つけてほしい。
byハイマツ仙人

20190210 メジロ MKB48

今朝の富山市内は⛄。積雪2㎝ほど。ちょっと冬らしくなりました。
話題🍐のときの🐤頼み。

20190210の古洞の森のメジロです。
朝は降雪のあとで、閑古🐥注意報が。
ダム湖面には常連のカモは元気一杯。

注意報どおり、不🐤。それでも出勤途中のメジロ君が枝先でポーズをとってくれました。
メジロ君は富山では留鳥。室堂には常駐していませんが、まれに通過。
立山自然保護センターの写真でも人気者。
ライチョウ君とかオコジョ君にはかないませんが、室堂人気アイドルMKB48の研修生クラスです。
目のアイリングが特徴で、類似品はいませんが、時々鶯色のイメージから、ウグイスと間違われます。😱
室堂選抜総選挙になれば、正規メンバー入です。
ところで、食生活ではメジロ君は雑食ながらユキツバキなどの鳥媒花の役割。

よくみると腹部に細い黄色い線があり、♂でしょうか。

エナガ君もちょっとだけ参加してくれました。(^^♪

話題品不足で急きょバレンタイン追加です。
20151229中米コスタリカの記録から、ハチドリの一種。
観光用においた、ハチドリフィダーによってきています。
熱帯などではハチドリが鳥媒花の主役らしいです。
メジロ君もなんとか冬を乗り切って、室堂常駐ではなくても、ユキツバキの花粉を運んでほしいものです。

byハイマツ仙人

20190127 ノスリ🐤 

今朝の富山市内は☁☀。異常気象?・・・地球温暖化?。
鳥だめた記録から。
富山市内の丘陵地の猛禽類のノスリ。
ネタ🍐のときの、🐥だのみ。
図説日本鳥名由来辞典 菅原浩・柿澤亮三編著 柏書房
では、ノスリは奈良時代から「くそとび」の名で知られ江戸時代から「のすり」。留鳥。
「のすり」は「のせ」がもとになって、野の上を滑翔するので「のすり:野擦り」にかわったのであろうとあります。
「くそとび」の名は、狩猟につかえないので、軽蔑して呼んだのでは?とあります。
味噌も糞も一緒にしてはいけません。( ;∀;)
猛禽類は目撃できても、視力がよくてなかなか近づけません。
電柱でランチをさがしているようにみえましたが・・・・

電柱から庭木に移動して、すぐに北の空へ飛んでいきました。
よく猛禽類は生態系のピラミッドの頂点にたつとされていますが、彼らの行動を見ていると
大変な商売です。年金も、雇用保険もなく、自営でその日暮らしがやっとです。
留鳥なことはいって居られません。
もっと応援したいです。!(^^)!
byハイマツ仙人