BLOG

立山自然保護センターブログ

20180814  弥陀ヶ原 コヒョウモン ベニヒカゲ

今朝の室堂は曇り~晴れ。風無し。
昨日の記録から・・・
弥陀ヶ原の三名蝶はコヒョウモン、ベニヒカゲ、ミヤマモンキチョウ。
コヒョウモンです。今が最盛期です。



ベニヒカゲです。こちらも最盛期です。(^^♪

ミヤマモンキチョウ。数は少な目で前2種よりはやく発生。こちらの営業は終了です。


蝶だけでは好き嫌いがありますので、お盆にふさわしく
今朝のライチョウさん親子です。
ウサギギクとチングルマをいれてみました。

インスタハエするようにライチョウミングしてみました。


雛は3羽確認。すっかり大きくなりました。
肉冠も確認できます。
♂♀の区別は専門家でも困難とのこと。
5羽だったのですが・・・
byハイマツ仙人

20180702  称名滝 ミドリシジミ飛翔ほか 

今朝の室堂は霧と雨。
早朝自主トレは今日もお休み。
記録から、蝶シリーズです。”(-“”-)”
20180702称名滝ちかくでのミドリシジミの卍飛翔です。
アイノミドリシジミかな・・??
ミドリシジミ類の飛翔はいつ見てもドキドキです。
称名滝周辺では初。なおさら感激です。(^^♪


20180701上市町馬場島のヒメシジミ。弥陀ヶ原あたりでも見れますが、もう少しあと。
アサマシジミ、ミヤマシジミとの3兄弟の区別がむつかしい仲間です。
準絶滅危惧種となっていますが、県内ではよくみられます。(^^♪


20180701上市町馬場島でのサカハチチョウです。
春型の♂に見えます。
サカハチは逆八。八にみえるでしょうか。。。😱
週末にかけてライチョウ君の誕生予定日ですが梅雨前線の大雨の被害が心配です。
byハイマツ仙人

20180624 アイノミドリシジミ ジョウザンミドリシジミ ウラクロシジミ

今朝の室堂は霧雨、強風。
早朝自主トレは中休みです。
6月24日の在庫品からです。
梅雨の時期はゼフィルスの季節で、
忙しくても一度は県西部の秘密基地へ出撃しないと落ち着きません。
ゼフィルス(Zephyrus)はギリシヤ神話の西風の神。
県内では国内全25種のうち18種が記録されています。
アイノミドリシジミです。
8時頃の出勤でした。
勤続でなく金属光沢。構造色でしょうか。なんとも例えようがないピカピカです。


アイノミドリシジミと同じような時間でしたが
ジョウザンミドリシジミと推定。
表の写真だけでは⤵⤵⤵・・・・😱

夕方になって、エゾミドリシジミが時差出勤です。
縄張り争いで元気いっぱいでした。


ウラクロシジミです。
クロといっても黒くないのですが、翅の表は真っ白です。
昼間はお休みで、エゾミドリシジミと同じく夕方に光速で飛びます。
昨年は見れなかったので、今年は満足でした。(^^♪(^^♪(^^♪
大阪から地震の被害にも負けず出撃された方も夕方近くまで頑張ってみえました。
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20180604蝶


6月4日。今日もいい天気です。
朝から風が強く陽射しがあってもじっとしてたら寒いぐらいでした。
写真は室堂平でヒラヒラと舞っていたモンキチョウの♀です。
翔んでいるのか風に煽られてるのか微妙な感じで地面に下りてお休み中のところを撮影。
最近ちらほら見かける蝶ですが同定できたのは今期初です。
歓迎できませんがいよいよ咲き始めたセイヨウタンポポを求めてやってきたのか風に飛ばされてきたのかどちらでしょうか?まだまだ残雪たっぷりの室堂ですが今朝はショウジョウバカマの開花も確認できたしそろそろ春から夏へと移ろいだしてます。

20080607 蝶 ゴイシシジミ

昨年の将棋の世界は羽生善治永世七冠達成、
藤井聡太29連勝など大盛り上がりの年でした。
囲碁は、井山裕太初の7冠達成でした。
仙人クラスは一手先も読めないのですが、
このクラスだと千手先まで
読めるそうです。😱😱😱
せめて今年は修業して三手先が
読めるようになりたいものです。
それで、古いデーターですが碁石小灰蝶(ゴイシシジミ)をアップしました。
幼虫はササ、ヤブに住んでいる特定のアブラムシに特化して
生活しているそうです。
立山山麓でみられてもいいのですが、まだ見たことはありません。
碁石に見えるでしょうか?
byハイマツ仙人