BLOG

立山自然保護センターブログ

20180811 海洋資源調査 

0811は山の日。
山もいいのですが、海洋資源調査のため新潟遠征へ。
調査船は「しんかい200」。潜水はできません。
山と海は生態系でつながっているため、山ばかり見ていては
いけません。
最近では女性の調査員も見かけるようになりました。
本日の調査対象はタラとオキメバル。資源減少が心配な種類。
オキメバルは調査水深100m、タラは200m。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

調査結果ではマダラ、オキメバル(氷見ではチャバチメ)の資源量の減少が心配です。😱
釣り女子は、7回コールドゲームになるほどの大釣果でしたので、”(-“”-)”
せめて、タイブレークまで持ち込めればよかったのですが、、😱😱

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の成果はエゾメバル。
おいしい😋魚ですがオキメバルほどは人気がないみたいです。
エゾメバルは名前のとおり、北の魚。富山湾では生息は???
最大25cm程度らしいです。別名ガヤ。ガヤガヤとたくさん獲れることから
つけられた名前だそうです。
今回の調査では、今期初カツオもゲットしましたが、
ガヤガヤとまではいきませんでした。
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20180413 雪の回廊 

立山自然センター3階と室堂ターミナル屋上を結ぶ全長150m?の雪の回廊
(雪の小谷)仙人的には、ごく少数派閥ですがニュー大谷と呼んでいます。😱😱
作業が快晴のもと急ピッチで進みました。
4月15日には部分開通となるかもしれませんが、相当進みました。
やれやれです。高さも昨年ほどではないでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


立山自然保護センター1階と室堂ターミナルを結ぶ全長15mは、スコップとピッケル部隊の人山戦術で無事全線開通です。今年な異常に硬かったです。
(^^♪byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20180410 室堂 初イワツバメ 

今朝の室堂は曇り。天候が悪くなる予報です。
昨日の夕方の記録からです。
室堂村一番の働きもののイワツバメが当センターの3階にある
昨年の空き家にやってきました。
昨年の住人と同じか区別がつきませんが
下見でしょうか。
冬の間に傷んだ箇所のリフォームが必要です。
巣材はカーマやムサシなどには売っていません。
土を少しずつ自分で運んで作る必要があります。
本当に室堂村一番の働きものです。”(-“”-)”
byハイマツ仙人

20180406 室堂

久しぶりの室堂です。到着時は曇り。少し暖かく感じられます。
気温は2度から5度。風が時々強く吹きます。
山岳警備隊の方も立山センターへ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


室堂ターミナルでは除雪がすすんでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

立山自然保護センターの周辺の積雪は平年なみでしょうか。
それでも結構寒いです。😱
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20170826  弥陀ヶ原 カメムシ目 アメンボ科 エゾコセアカアメンボ

今朝の富山市内は雨です。
雨といえば、昨年の弥陀ヶ原の池塘でのエゾコセアカアメンボです。
蝦夷小背赤水黽。アメンボは飴棒、飴坊、水馬の字をあてることも。
飴のようなにおいとありますが、機会がありません。
カメムシの仲間にしては人気があります。
石川県HPでは石川県が西限。外見からは、コセアカアメンボと区別が
困難となっています。
弥陀ヶ原の池塘ではよく見られます。
昆虫の前脚、中脚、後脚のいずれが発達するかは生活様式により決まる
とのことでアメンボ類は中脚が長いオールのように発達してスイスイと水面を
移動します。移動といえば、県の職員などの方の異動の時期が近くなってきました。
アメンボのように、新しい職場へもスイスイと行けたらいいのですが。
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA