BLOG

立山自然保護センターブログ

20170730 蛾 室堂 ツマモンヒゲナガ

今朝の富山市内は穏やかな朝です。
ちょっと餅ベーションがアップアップします。(^^♪
好評の蛾(かってに想像です)シリーズの締めくくりです。😱
ヒゲナガガ科のツマモンヒゲナガです。
昨日のキスジホソマダラとちょっとにています蛾。
札幌の昆虫 木野田君公著 北海道大学出版会
のチョウ目に関する説明では学問上チョウとガは特に区別されるもの
ではない。外国ではチョウとガを区別しなかったり、ガという言葉の
ない国もある。とあります。
日本で蛾もオリンピックなみに人気がでるといいのです蛾。
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20170820 蛾 弥陀ヶ原 キスジホソマダラ

昨日は北陸にも春一番が吹きました。
ちょっとだけ春らしくなってきました。
オリンピックで日本の選手が活躍しています。
スノーボードやスケートやジャンプ。
ころびそうで到底真似することができません。
ブラシでゴシゴシは頑張ってできそうな気はしますが(^^♪。。。。
弥陀ヶ原のマダラガ科のキスジホソマダラです。
食草はイネ科ササ、ススキとなっています。
そのせいか比較的よく目撃されるみたいです。
触角が櫛みたいで♂です。
♀は櫛はないそうです。
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20160623 クモ目 コモリグモの一種 室堂

今朝はあたたかく感じられました。
先週と大違いです。
昨日に引き続きコモリグモの一種です。
ちょっとはやい在庫一斉バーゲンです。😱
クモの仲間はなんとなく人気がありませんが、
よく見るともふもふ感もあります。
仙人いちおしはなんといってもトリノフンダマシの仲間です。
鳥の糞ににているのですが、里山で一度しかみていません。
今年は室堂でも見れるといいのですが。。糞(^^♪
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20160808 クモ目 コモリグモの一種 弥陀ヶ原

本日も昨日のクモがかり上クモです。”(-“”-)”
コモリグモの一種です。
コモリは子守。
♀親が卵と幼虫を腹部で育てる習性から名がつけられたらしいです。
この画像も卵のうでしょうか。
最初は捕まえた獲物かと思ったのですが。😱
クモハンドブック 馬場友希・谷川明男 文一総合出版
では、コモリグモ科のクモは徘徊性で、待ち伏せて
捕まえるタイプとのことです。
待機児童問題もあり
卵のうを背負っての育児は大変そうです。
HPでは、昔はドクグモ科とされていたらしいのですが
イメージアップしてコモリになったらしいです。
(タランチュラコモリグモも同じ仲間)
毒の強いクモは少数派です。
子守でイメージアップしてほしいです。☁
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20171224 富山湾 シロザメ

新聞に「道の駅新湊企画展 とれたて地元産並ぶ」と題して小さなサメが写っていた。
サメといえばジョーズしか連想しませんが新鮮なネタさがしに取材です。
新湊漁協の漁師さんとのコラボで、来年2月末まで、毎週末の金、土、日の
午前9時から午後5時までの展示です。
出漁できないときは中止だそうです。
見覚えのある魚もいたのですが、初物をアップします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミシマオコゼ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コショウダイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シロザメ 大きくなってもせいぜい1mと小さいので、襲われる心配はなさそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノドグロの幼魚も展示されていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぬりえがなかなかよかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

魚津水族館まではいきませんが、大きな水槽もあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金の鯱(しゃちほこ)です。本名はマツカサウオです。
景気の割にはぴかぴかひかっていません。みなさんに行き届いていないせいでしょうか。
byハイマツ仙人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA